NoiseScanner

目と耳を使って
リアルタイムに音源探査する
ハンディ型探査機

ハンディタイプ音源探査機 NoiseScanner

装置概要と特徴

アンテナ(カメラ&マイクロフォンアレイ)とタブレットの構成
NoiseScanner(マイクロフォンアレイ)は対象範囲からの音だけを測定
  • アンテナ(カメラ&マイクロフォンアレイ)とタブレットの構成で持ち運び自由自在。
  • 音と映像を同期測定し、リアルタイム再生も、後から再生することも可能。
  • フィルター処理された音を耳で聞き、映像と音の周波数波形を見ながら主音源箇所を特定。
  • 測定・保存したデータ(音と映像)をPC上で再生して詳細な解析を行うことも可能。
  • 操作は非常に簡単で現場向き。

アプリケーション

  • 音漏れ部・リーク(シール不良など)の探査
  • BSR(Buzz Squeak Rattle: 異音)の探査
  • 音響ホットスポットの探査
  • 品質管理、など
詳細解析の流れ(エンジンルームの例)
1.測定データを再生
1測定データを再生
2.参照波形を表示
2参照波形を表示
3.周波数フィルターをかけて特定の音を抽出
3周波数フィルターをかけて特定の音を抽出
4.最大レベルの音がする箇所を自動で特定
4最大レベルの音がする箇所を自動で特定

仕様

タブレット仕様
スクリーン タッチスクリーン(静電容量方式)、LEDバックライト、
解像度:800 x RGB x 480、7インチ
入力インターフェイス センサー:HDMI、外部バッテリー:Molex、外部電源:マイクロUSB
出力インターフェイス USB 2.0 ポート:2口、リモートスクリーン:HDMI-micro
バッテリー リチウム電池 3.7V, 10,000mAh、動作時間 2時間、外部バッテリー装着時は4時間
プロセッサ iMX53:1GHz
RAMメモリー 512 MB
記憶領域 16GBから最大で32GBまで
アンテナ仕様
ビデオカメラ オートフォーカスC-MOSカメラ(FOV:115° x 80°, 解像度:1280 x 720)
距離センサー 赤外線センサー:8cm~150cm
マイクロフォンアレイ MEMS マイクロフォン:33個
全般的な仕様
使用環境温度 -10℃ ~ +50℃
重量 アンテナ重量:850g、総重量(タブレット含む):1650g
外寸 アンテナ外寸:260 x 320 x 320 mm
全体外寸(タブレット含む):290 x 320 x 320 mm
測定レンジ 500Hz ~ 10,000Hz
ダイナミックレンジ 96dB
解析機能 リニアFFT、1/3オクターブ

製品に関するご質問やご相談はお気軽にご連絡ください。